重回帰分析(重回帰分析を用いた売上予測式の開発)

目的に対する要因の関係度合いを見る

「目的変数(売上など求めたい結果係指標)」と「複数の説明変数(結果係数へ影響を及ぼしていると想定される要因係指標)」の間にそれぞれどの程度関係があるかを分析し、説明変数から目的変数の予測値が計算できる式を導きます。
調査活用例
同一業種・業態における新規店舗の売上予測式
新商品に対する顧客調査満足度スコア予測式  等
分析手法の特徴
これはテキストブロックです。このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.
重回帰分析を行うための注意点
精度の高い分析を行うには、分析に使用する個別データ(例えば店舗数など)は、最低でも20以上が必要です。また、要因系指標については、多いほど説明力は高まる傾向を示しますが、目的変数に対する個別影響度の指数は低下しますので、「売上に対してどの要因が最も影響度が強いのか」といった分析が難しくなります。

通常は、10~15項目程度を用いて分析を行い、「回帰係数の有意性検討」を行うことで、回帰式に使用できない要因を取り除いていきます。
詳しくは、お問い合わせください。

◇求められる重回帰式
『新店舗の売上=β0+(β1×A要因)+(β2×B要因)+・・・・・・・』

分析日程

2~3営業日が目安ですが、使用サンプル数・説明変数などによって変動します。
※日程(納期)は分析・作成するパターン数に応じて決めさせていただきます。

<料金>
分析:基本料金10万円 + 1分析5万円(サンプル数30・説明変数10項目の場合)~
※データ数・説明変数により金額が異なります。
※詳細は別途お見積もりします。お問い合わせください。
※データの分析精度が低い場合は、「寄与率」(回帰式の説明力)が低く、回帰式として利用できないこともあります。
この場合、「寄与度」(回帰式の説明力)をご報告し、分析基本料金のみ申し受けます。
※個別データ取得に関しては、別途調査料金がかかります。

投稿日:

Copyright© マーケティング・リサーチなら株式会社アビス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.