PSM分析について

商品・サービスの適正価格が知りたい

特定の商品やサービスの適正価格を探る分析手法の一つで、消費者の視点から見た、理想的な価格を算出する分析のことです。価格感について4つの質問から、「最高価格」「最低品質保証価格」「妥協価格」「理想価格」を割り出します。
調査活用例
プライシング調査
分析手法の特徴
消費者(調査回答者)の商品に対する価格感を探るための手法です。最適な価格を検討する上で基準となる価格帯を抽出します。

価格帯を構成する指標
・最高価格・・・これを上回ると、高すぎて購入されなくなる価格
・最低品質保証価格・・・これを下回ると、商品の品質が不安になって購入されなくなる価格
・理想価格・・・価格に対する抵抗感が最も弱く、受け入れられやすい価格
・妥協価格・・・理想とはいえないが、このくらいなら許容できる価格

・受容価格帯
最高価格~最低品質保証価格の範囲で、理想価格・妥協価格はこの内にある。
理想価格・妥協価格を基準にこの範囲内で価格設定を検討する。

分析日程

2~3営業日が目安ですが、サンプル数などによって変動します。
※日程(納期)は分析・作成するパターン数に応じて決めさせていただきます。

<料金>
分析:基本料金7万円 + 1分析5万円×パターン数
※1パターン = 1つのPSM分析グラフ作成
※詳細は仕様決定後にお見積もりいたします。
※調査実施には別途調査料金がかかります。
お見積もりいたしますので、お問い合わせください。
※サンプルデータ入力からのマップ作成については、別途料金がかかりますので 事前にご相談下さい。

投稿日:

Copyright© マーケティング・リサーチなら株式会社アビス , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.